シャムキャッツレコ発in渋谷O-NEST

0
    こんばんわ。てんしんです。
    先週の土曜日、シャムキャッツレコ発in渋谷O-NESTに出演してきました。



    僕らが東京で一番仲のよいバンド、シャムキャッツのレコ発という事で、並々ならぬ気合いを入れて望みました。
    しかも名古屋編じゃなくて東京編ですからね。。。

    しかし、ほどほどに緊張はしつつもなんとかいつもの僕らのライヴができました。
    しかも、普段の練習でのゆるいノリがライヴでも発揮できたのは初めての事で、特に西村君がとても頑張ってくれました。MCも。

    ★今回のセットリスト★

    1.かえるのうた
    2.ステップを踏んで
    3.ゴーストタウン
    4.へっっっらいと
    5.サークル
    6.フライングマンの歌
    7.海岸線
    8.ホーム
    9.動物園の動物
    10.ティーンネイジ・モンスター

    10曲もやったんですね。詰め込みまくりました。
    今回から「かえるのうた」「ホーム」のアレンジを変えました。「ホーム」は結構評判よくてよかったです。思いつきで持ってきた鍵盤ハーモニカもうまくいきましたし。
    「ゴーストタウン」はライヴでやるのが昨年の10月ぶりなんですね。代表曲っぽいのに全然やってませんでした。
    「へっっっどらいと」、あのアカペラで入るとこはうまくいくととても気分いいです。ただ失敗するとだいぶ凹みます。2回くらい失敗した事があります。
    「フライングマンの歌」これもバンドでやるのは久々なんですが、今回ちょっとうまくいかなかった気がします。他の曲がよかっただけにちょっと悔やまれます。
    そして最後の「ティーンネイジモンスター」が始まる前の茶番もなんとかそれっぽくなったんじゃないかと思います。あれは西村君がどうしてもやりたいと言う事でやったんですが、ライヴでも彼が率先して頑張ってくれて、僕はちょっと感動しましたよ。



    そしてmoools。


    mooolsとは、実は対バン2度目でして、といっても1回目は僕らがサポートで参加していた別のバンドでの対バンだったので、いつかジョセフでちゃんと対バンしたいと思っていたんですが、まさかこんな早く実現するとは思いませんでした。

    僕がmooolsを初めて聴いたのは、実は割と最近で2年前です。
    それまで名前は知っていたんですが聴いた事がなく、友達に「モチーフ返し」を借りて初めて聴き衝撃を受けました。
    ちょうどこの頃、バンドで曲作りがさくさくできるようになってきたものの、今までなんとなく押し通してきた作曲や歌う時の癖とかについて、果たして本当にこのやり方で大丈夫なのかと不安になってきていました。
    でもmoools聴いたら、僕よりももっと変な歌いまわしの癖があって、しかもその歌にぴったり添うようなへんちくりんな構造の曲が多くて、自分がやろうとしていた事は間違ってなかった、ととても気持ちが晴れた覚えがあります。
    それ以来mooolsのファンです。

    そういえばシャムキャッツを初めて聴いた時、最初に頭に浮かんだバンドはやっぱりmooolsでした。
    歌や演奏が似てるとかじゃなくて、夏目君の独特なスタイルの歌に演奏がぴったりついてくる感じがmoools的だと感じたのです。



    そんでシャムキャッツのライヴ。
    やっぱり彼らのライヴは楽しいです。ライヴ観た!って気持ちになります。
    前ジョンのサンの立石君もブログで書いてましたが、藤村君のドラムの音ってほんと「BANG!」って感じでした。その藤村君のBANG!に合わせてバンド音を調整してるからか、シャムキャッツってライヴはかなり音でかいんですよね。もしかしたらライヴ観た!って感じは音のでかさも原因してるのかも。
    僕は、ノリノリで聴いているシラオカの小池さんの後ろで珍しくビールを飲みながら酔っぱらった状態で聴いてました。お酒飲みながらぼんやりと気分よくライヴ観たのは初めてでして、これは楽しいなと思いました。


    そんな感じでした。
    土曜日に戻りたい。



    今後のジョセフのライヴ予定ですが、

    5月に一つハポンで決まってます。凄い対バンです。
    それと、5月か6月に自主企画やります。京都から凄い人達がやってきます。

    それから、僕のソロでのライヴがあります。
    シノイズさんのイベント「おんがくはみんないい子です」10回記念イベント「おんがくはみんないい子フェス」が開催されまして、3日間あるのですが、その2日目の3/17に出演します。

    他出演は
    はこモーフ
    ひらくドア
    大橋裕之(漫画家)
    sukida dramas

    です。完全にソロなので何やろうか悩み中です。



    といった感じで今年もジョセフ・アルフ・ポルカをよろしくお願いします。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.09 Monday
      • -
      • 04:36
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      そうだ!シャムキャッツの「ライブ観たぞ」感は、あのドラムのバカでかさがあってこそだな!と、読んでてうなずいちゃいました。
      だから、あのドラム音中心に吸い寄せられるように、気付くと前のめりにな
      ってるのかもですね。
      シラオカのレコ発を観に行った事で、
      シャムキャッツを知れて楽しめてあの日は最高に嬉しい日でした♪

      シャムキャッツに夢中なので、読んでて嬉しくなって書きました。

      それと、Twitterの動物の絵、何故だか人間味を感じます!
      中に人が入ってるよね?!ってかんじが…
      パンダの修正前の方が、忍法使ってるみたいで好きですよ!
      パンダ好きなので最高です。
      また時間がある時にバンビ描いて欲しいです。
      小さな時に、肌身離さず持ってたバスタオルがバンビだったので。
      もうすぐ朝の5時なので、変なテンションで長々書いちゃいましたー。では


      • シタマチ
      • 2012/03/02 5:00 AM
      シャムかキャッツは夢中になりますよね、僕も友達以前にファンですし。
      ありがとうございます、修正前も載せてよかったです 笑 バンビ了解しました!
      • てんしん
      • 2012/03/04 1:56 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM